三原淳雄の言いたい放題 mihara-atsuo.com
プロフィール
三原淳雄
 

2008年08月29日
三原 淳雄

この国に覚悟があるか
 

 アフガニスタンでの伊藤さんの悲報を聞いて、真っ先に思い浮かんだことは「覚悟」という言葉だった。いまでは後継者難に悩む日本の農業を若くして敢えて選んで学び、そこで学んだ農業の技術で不毛の地を緑色に変えようと、青雲の志に燃えアフガニスタンに渡ったのだから、相当な覚悟が要ったはずだ。 
 今回のような悲劇に見舞われなければ日本国内で知る人も少なかっただろう。 
 正直私もあんなところであんな地味な仕事をしている日本の若者がいるだなんて、サブプライム如きにアップアップしている身としては、とても考えが及ばなかった。 
 秋葉原で暴れたバカ者や八王子の気狂いなど、単に目立ちたい、そして人を殺せば目立つぐらいのことしか考えていない連中が、これから高い裁判費用をかけ、役にも立たぬ日々を生き長らえることを考えると、伊藤さんの志の何と崇高なことか。 
 いまの日本の若者にも、こんな立派な人がいらしたのかと、思わず涙が滲み出てきた。 
 そう、いまの日本に欠けているのは覚悟である。TVをつければ何の覚悟もなくただ上っ面しか見ていないし努力もしないコメンテーターばかり、毒にも薬にもならぬ。 
 若者の多くは、如何に格好よく気楽に金を儲けられるかぐらいの価値感しか持っていないし、覚悟なしの小さな正論を唱えることがどんなに危険なことすら自覚していない。 
 戦争と平和とどちらがいいか、平等と不公平、公平と不公平などなど、格好よくしゃべる奴ばかりがやたら目立つが、本当に覚悟はあるのかと聞けば多分ないだろう。 
 アフガンニスタンに平和をもたらすべきとは言うだろう。暴力はいけないとも言うだろう。その平和なアフガニスタンを作るには飢えも暴力もない豊かな社会に変えようと、頑張った伊藤さんが不幸にして暴力によって倒されたのである。 
 目には目を、歯には歯をという社会もある。そんなところには仇討ちの軍隊を送るぐらいの覚悟をそろそろ日本もするべきではないのか。暴力はいけませんなどといくら口で言ったって全く価値感が異なり、異教徒や異民族は人間と思っていない連中がいるのも世界なのである。 
 子供のころ満州でソ連軍に死ぬ目に会わされた。その恨みをいつか晴らそうと、本気で防衛大に行こうと考えたこともある。 
 折からグルジアなどでソ連は再びその本性を剥き出しつつあるし、アフリカ沖では日本の船などが次々に海賊に銃撃されたりもしている。 
 自分の身は自分で守る覚悟をそろそろしておいた方がいいのではないか。 
 戦争や動乱が始まれば日頃格好いいことを言っている奴が守ってくれるはずもない。きっと一番先に逃げていく卑怯者ばかりだろう。そろそろ食やエネルギーも含めて、自分の身は自分で守る覚悟をしておかねばなるまい。