三原淳雄の言いたい放題 mihara-atsuo.com
プロフィール
三原淳雄
 

2008年10月03日
三原 淳雄

読書の秋、歴史に学ぼう
 

 マーケットは決して合理的に動くとは限らない。時には浮かれ、時には絶望的になるのだが、ではいつも市場は間違えるかと言えばそうでもなく、長期的にはちゃんとつじつまが合う。下降期にも上昇期にも目先の上げ下げを織り込みながら、後になってみるとトレンドはハッキリと上下それぞれに分かれている。 
 つまりサイクルでおろおろして振り回されるのか、それともトレンドを見極めるのかで勝ち負けが決まって来るのである。 
 市場が不合理な動きをする時こそ、合理的な判断が求められるものだと、以前にも同じようなことを書いたことを思い出した。 
 
////////////////////////////////////// 
 2002年2月7日 言いたい放題 
不合理な時代こそ合理的な判断を  
 世の中とは間の悪い時に限って、次から次へと様々な問題が噴出してくる。 
 金融システム不安のなかでの不良債権処理の迷走、そんな事情とはお構いなしにペイオフは迫ってくる。 不安のタネは重なり合っているなかで、外相更迭,NY市場の下げなど次々に起きるものだから、とうとう株価は底が抜けてしまった。 
 東証の時価総額も、いまやたったの270兆円台にまで減ってしまったのだから、これから起きるであろう様々な危機に、一体どう対応しようとするのだろうか。 
 橋本政権から小渕政権へと変わった時の東証時価総額は約260兆円だった。 それが小渕−森・小泉と首相が3人も変わったのに、結局またもとの木阿弥に戻ってしまった。 
 流石にこの体たらくぶりに業を煮やしたアメリカが、日本には口出ししないはずのブッシュ政権も、このところ日本への危機感をしきりに日本に伝え始めている。 
 さるアメリカ人によれば「小泉は破壊だけ、その後の日本はアフガニスタン同様で砂漠になる」とワシントンでは心配しているらしい。 その心配も当然で、当の日本国民すら先が読めずに将来の生活の見通しが立てられないのだから、彼らが疑心暗鬼になるのも致し方あるまい。 こんな危機がそこいら中に溢れている時に、国会では「言った、言わない」論争をやっているのだから、株など買いたいと考える人などでてくるはすもなかろう。 
 「赤信号、みんなで渡れば恐くない」とばかりにバブルに浮かれ、そして今度は国民総出でバブルを潰して酷い目にあったのに、まだ「構造改革、みんなでやれば恐くない」とノー天気なことを考えているのだろうか。 
 小さな正論にばかり拘っていると、気がついた時には地獄にいたということになりはしないかと心配でならない。 杞憂であればいいのだが。 
 しかし、ものは考えようでこれだけ不安が重なると、市場はしばしば不合理な売られ方をするもので、よく目を凝らせば「フリー マーケット(のみの市)」で掘り出し物を探す人には絶好の出物がゴロゴロしているはずである。 
 馬鹿げた議論は阿呆な国会に任せて、ここはひとつ冷静な判断で市場を眺めることをお奨めしたい。 転換社債のなかにもこの十日間で60万円から80万円台へと20万円も上がったものもあるのだから。 
////////////////////////////////////////////////// 
 
改めて読み返してみるとディテールはかなり変わっているものの、市場は合理的に考える方がいいとは言えそうである。この原稿の一年後から相場は一変している。 
 幸いバブル潰しで痛い目にあったおかげで「羹に懲りて膾を吹かなかった」分だけ、まだ日本にも個人にも余裕はある。 
 何せ銀行預金が145兆円も貸し出し先がなくて余っているのだから、こういう時はゆっくり原点に戻って世の行く末を、視点をやや高くして眺めている方がいいだろう。 
 余裕があれば必ず知恵も湧いてくるもの。目先きの大騒ぎに加わるのではなく、その先を読むべきだろう。折から読書の秋でもある。しっかり「賢者は歴史に学ぶ」を決め込むのもいいのではないだろうか。