三原淳雄の言いたい放題 mihara-atsuo.com
プロフィール
三原淳雄
 

2009年03月16日
三原 淳雄

中学生に教えられた
 

 参った!! と思わず唸りたくなるようなレポートに出会った。しかもその作者は中学2~3年のチームだから、これで日本の将来も明るいのではないかと、久しぶりに感激も味わうことが出来た。 
 日経新聞と野村証券が毎年中・高・大学生による株式投資のポートフォリオを募集し、優勝チームにはNY証券取引所見学というご褒美が出る。 
今年で9年目(応募総数約2000、審査委員として参加)その優勝レポートの巻末に感想文が書かれていたのだが、そっくりその言葉を引用しよう。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
『左伝』にこう書かれている。徳は結果として財をもたらす本である。徳が多ければ、財はそれにしたがって生じる。徳が少なければ、同じように財もへる。財は国土をうるおし、国民に安らぎを与えることにより生じるものだからである。小人は自分を利するを目的とする。君子は民を利するを目的とする。前者は利己をはかってほろびる。後者は公の精神に立って栄える。生き方しだいで、盛衰、貧富、興亡、生死がある。用心すべきではないか。 
 世人は言う。「取れば富、与えれば失う」と。なんという間違いか!農業にたとえよう。けちな農夫は種を惜しんで蒔き、座して秋の収穫を待つ。もたらされるものは餓死のみである。良い農夫は良い種を蒔き、全力をつくして育てる。穀物は百倍の実りをもたらし、農夫の収穫はあり余る。ただ集めることを図るものは、収穫することを知るだけで、植え育てることを知らない。賢者は植え育てることに精をだすので、収穫は求めなくても訪れる。                 「生財」より 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
西郷隆盛のことは有名な「敬天愛人」など、それなりに知っていたつもりだが、こんな言葉を遺していたなど浅学にしてついぞ知らなかった。 
 言われてみれば昔は「長者」「お大尽」「分限者」など、資産家を表す言葉があったが、そう呼ばれた人には徳があったし、人相も温和で福相をしていたものだ。 
 一方で単なる金持ちは「成金」と呼ばれ、むしろ蔑視されていた。 
 何故自分が金持ちになれなかったのかについても、よく判った。喧嘩早っくて好き嫌いが激しい性格だから、徳など恥ずかしながら全くない。だから折角チャンスに巡り会っても、小ガネがチョロリと入ってきただけ、中学生ごろにこの言葉に出会っていれば、ひょっとしたら人生も変わっていたかも、これを『後悔先に立たず』と言う。 
 さて、このレポートだが、この子たちの結びの言葉がまた泣けてくる。 
 
 あと10年もすれば、私たちは確実に社会に出ます。その時には西郷隆盛の言葉にあるように「植え育てることに精をだす」社会人になりたいです。私たちが受け取るバトンを、次の世代にちゃんと渡せるように、「良い種を蒔き、全力をつくして育てる」人になりたいです。 
  
遅まきながらプリントして机の前に貼っておこう。