三原淳雄の言いたい放題 mihara-atsuo.com
プロフィール
三原淳雄
 

2004年07月05日
三原 淳雄

日本の縮図、プロ野球界
 

近鉄バッファローズとオリックス ブルーウェーブの合併問題は、計らずもいまの日本の縮図となっている。いま日本は中央と地方、中高年と若年、大企業と中小企業といった具合に社会が二層化しているが、今回のプロ野球の問題も巨人を大企業とし、その社長は高齢者の代表だから、折角の若手のオファーを門前払いにしている姿は既得権が好きな官僚とよく似ている。2リーグ、12球団を増やそうともせず、全て議論は球界内で行い、世の変化に合わせるよりも自分たちの既得権を守ることを優先する。しかも球団のオーナーは野球界のOBでもなく企業の代表であり、ビジネス、それも広告の代用品としてしか見ていない。 
真に野球が好きで野球を愛する人たちのために、野球を国民全体のスポーツとして、もっとあらゆる階層の人に支持して貰いたいという、そんな熱意は残念ながら伝わってこない。日本が12球団で既得権を守っている間に、アメリカのメジャーリーグは何度も危機に遭遇している。国民の野球離れもあったし、一部のチームが札束でスター選手を集め過ぎたり、それに不満な選手たちのスト騒ぎもあった。 
しかし、その度毎に熱心なファンの声が湧き起こり球界の体質は改善され、地域を代表するチームも続々と誕生し、再びアメリカの国技としての野球は復活を遂げたのである。日本の球界には残念ながそんな努力は見られない。それどころか魅力を失った日本の球界からは、野茂もはじめとしてイチロー、二人の松井などスター選手がどんどん大リーグに流出してしまった。特に野茂選手が大リーグに移った時などは、球界挙げてまるで裏切りでもしたような雰囲気であり、一昔前に大企業を辞めたサラリーマンたちが脱藩者扱いされた姿とそっくりである。排他的で自分の価値観でしか判断せず、他の意見は耳を貸さない。そして変化に取り残され、それでもまだ自分たちの価値観にしがみつき当面を取り繕うことしか考えない。 
年金の問題もプロ野球も根は同じにしか見えないのである。年金問題も何れ介護の問題になるし、次は健康保険が破綻するだろう。知りつつ放っておくことを未必の故意と言うが、責任のある立場の人々のこうした不作為によって国が滅びるのは何としてでも止めなければなるまい。本当に野球が好きな人たちによるクラブチームを続々作り出せるような、また自分たちで国をよくしたいという人が気軽に改革に参加出来るような、そんな環境作りがいまの日本には何よりも求められているのである。 
近鉄の騒ぎを野球だけのものにするのではなく、ぜひ日本を変える大改革運動につなぎたいものである。